脱毛はサロンで?クリニックで?どちらで行うの?

サロンとクリニックの違いについて

脱毛をしようと考えた時、サロンで行う脱毛とクリニックで行う脱毛どちらでしようか迷ってしまいますね。サロンとクリニックでは、どのような違いがあるのでしょうか。その答えは、脱毛の機械の出力の違いにありました。脱毛サロンで行うレーザー脱毛よりもクリニックで行うレーザー脱毛の方が出力が大きいため効果も高くなるという事になるため、脱毛を行う事によって出る痛みは、クリニックの方が強くなってしまうのです。そのような事を先に考えてから、どこで脱毛を行うのかを検討していきたいですね。

サロンとクリニックの長所と短所について

サロンで行う脱毛では、様々なキャンペーンをする事が多いのでそれを利用する事で安い料金で利用する事が出来ますよ。そしてなんと言っても店舗数が多いため、通うのに便利ですね。しかし効果がゆっくりと表れるので、時間がかかってしまうのが残念なところですね。それに比べてクリニックで行う脱毛は、効果が早く表れてすぐに終わります。しかしその分、痛みが強く出て肌へのダメージもある事が難点であり、料金も高めになっているのですよ。

クリニックでしかやっていない永久脱毛

永久脱毛を行う事が出来るには、法律で決められているクリニックでしか出来ないのです。永久脱毛の方法には、医療レーザー脱毛と絶縁針脱毛の2種類の方法があるのですよ。絶縁針脱毛は、別名で電気脱毛と言われ針を毛穴に刺してそこから、電気を流して毛根を壊してしまうやり方です。医療レーザー脱毛の方法よりも効果が高いですが、痛みがさらに強くなるのですよね。また施術を行う時間も長くて、料金も高くなっている事が難点ですね。

美容外科などの病院で受けることが出来る医療脱毛は毛根の機能を破壊して無駄毛の発毛を防ぐ効果があります。脱毛効果が高い一方で肌への刺激も強いので、事前の検査が不可欠であることを注意します。